続 Have to~ Want to へ

2016.10.25 Tuesday

0
    前回のブログの続きです。
    前回のブログ http://sa-nablog.sa-na.net

    【Have to〜 Want toへ】
    今回は前回と少し違う視点で話を進めてみたいと思います。

    例えば、家庭内で奥様の役割り、旦那様の役割り、たくさんあると思います。
    ほとんどの事が、『そうする必要がある』からしていると思います。

    お金が必要だから仕事に行くし、お洗濯にしても掃除にしても必要な事ですね。
    自分に必要でなくても、誰かが必要としている事が大半だと思います。

    家族のため、会社のために頑張っている話しを聞くと本当に頭が下がります。

    ここからが本日の本題です。
    結果から話します。
    誰かのためではなくてご自分のためにして下さい。
    したいからして下さい。

    って事です。
    誰かのためにするって、すごい労力が必要になります。
    もしかしたら、自分のしたい事を我慢して時間を作って気力も労力も使ってしているかもしれません。

    それの何が良くないかと言いますと、
    相手にその代償として何かを期待してしまいます。
    旦那様のためにくさい靴下(ゴメンなさい笑)を洗濯して、子供のためにご飯を作って、会社のために残業をして…

    結果的に
    「ありがとう」くらい言って欲しい…
    お給料あげて欲しい…

    ってなっちゃいます。

    それよりもご自分がしたいと思う事をしてみて下さい。
    したいからしただけ。。誰かのお礼も評価も要らなくなります。

    まずは一番身近なご家族から試して下さい。


    全部は難しいので、自分の食べたいおかずにする!とか、今日は掃除機はかけない!とか。。。

    もちろん掃除が好きな方はどんどん掃除をして下さい。
    大抵のことは命に関わる程のものはないと思います。

    どこかで身に付けた【常識】でそうしている事がほとんどです。

    誰かが作った【常識】って誰かの都合で作られているので、ご自分の都合の良い【常識】を作ったら良いと思います。
    誰かのご機嫌を取らずに、ご自分の機嫌を取って下さい。
    前回同様「誰かの常識は私の非常識」
    これ、結構いけてると思います(笑)

    しなければいけないと思っていた事が少しでもしたい事に変えていけたら楽しくご機嫌で過ごせると思います。

    もちろん子供には子供の常識があります。
    大人にとってどうでもいい事がその子にとっては「すごく大切なしたい事」な場合もあります。

    私も我慢してるんだから、あなたも我慢しなさいよ。って言う世の中から、
    私は我慢してないから、あなたも我慢しなくて良いよ。
    ってみ〜んなが言えたらステキだと思います。

    「そんな簡単な話じゃないわよ。」って言われそうですが、皆様がもっともっと楽しく元気に過ごしていけたらなぁ。。

    と、忙しくてギスギスしている世の中が笑顔でいっぱいになったらいいなぁ。と思って書いてみました。

    この能天気ブログで誰かの心が少しだけでも軽くなったら嬉しいです。
    コメント
    先日はカットありがとうございました🎵
    最近の髪のクセのわけが分かりました✨
    分け目を変えてってことだったみたいです☆

    なんとなくですが…
    • by 瀧澤 
    • 2017/11/20 2:11 PM
    コメントする